HOME >交通事故

交通事故の治療

交通事故の治療は当院にご相談ください

当院では交通事故によるとむち打ちの治療も行っております。
交通事故の後遺症は、放置すると痛みや機能障害から2次的障害、たとえば、肩こりや腰痛などを起こすことがあります。
早期のきちんとした治療と、症状が完治するまで治療される事をおすすめします。

当院では交通事故後遺症にも対応した治療をしています

むち打ち症 (頚部捻挫)は交通事故による後遺症としては高い確率で発生します。これは外力の大小により、 治療期間や後遺症にも大きく影響致します。治療経過が思わしくなく、症状が次第に慢性化するケースも少なくありません

交通事故による後遺症の特徴は、受傷直後にはあまり症状が出ないことです。受傷直後の検査で異状が認められない場合でも、数日経過して腫れ、痺れとともに、むち打ち症の自覚症状が首や背中や腰、または膝や脚の痺れなど、広範囲に出ることがあります。

事故直後は強烈な防御反射が起き、体が極度の緊張状態にあるためです。人間は基本的には、痛みはひとつしか感じません。たとえば、むち打ちがひどくて、首の状態が悪くても、虫歯になり歯が痛くなると首の痛みを忘れてしまいます。しかしそれは、首の痛みが治ったわけではなく、ほかの痛みで覆い隠されているのです。そのため、虫歯を治療するとまた首の痛みがでてきます。
例えば、今あなたが首が痛く、ほかのところがあまり痛くなくても、治療が進み、首の痛みが取れてくると、ほかのところが痛くなるのです。これはほかのところが悪くなったわけではなく、事故によって痛めていても感じていないだけなのです。

このページのトップへ戻る